水のトラブルは自分で修理できることもある

トイレの水のトラブルは自分で直せることもあります。色んな原因が考えられますが、被害を小さく食い止めるためにも自分の出来る範囲で対処していきましょう。

■修理に必要な道具を準備しよう

水のトラブルを食い止めるために素人なりに修理が出来ることもあります。汚れから手を守るためのゴム手袋や水受けのバケツ、つまりを取り除くために必要になるラバーカップは備えている家庭も多いかもしれません。その他に準備しておきたい道具として、止水栓を締めたり開けたりするときに必要なドライバーや、ナットをゆるめたり締めたりするときに必要なレンチがあります。ドライバーやレンチなどは100円ショップにも売っています。後は交換に必要な部品を買いそろえればOKです。

■修理の流れ

スムーズに作業を進めるために止水栓を締めて水の流れを止めます。次にどこから水が漏れているのか確認しましょう。配管から水が漏れることもありますし、タンクの中や便器の中で水漏れが起きていることもあります。
配管の水漏れはパッキンを取り換えることでトラブルが解消できることが多いです。また、タンク内の水漏れはボールタップを交換したり、便器内の水漏れはフロートバブルの位置を正すことでトラブルが解消されることがあります。

■まとめ
トラブルの状況によって自分で直せないこともありますが、そのときは必ず信頼できる優良業者に修理を依頼しましょう。トラブルの状況を説明すれば適した修理を施してくれます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ