つまりによる水のトラブルや自己解決について

トイレのつまりトラブルは水道 修理が必要です。ただし、場合によっては自分で修理できることもあります。腕に自信があるという方なら心配はないかもしれませんが、どうしても自信がないという場合は無理をせず、専門業者に修理を依頼しましょう。万が一に備えて頼りになる業者の問い合わせ先をメモしておくことをおすすめします。

■何がつまりの原因になっているのか

水道 修理が必要な水のトラブルの代表がつまりですが、その原因はいろいろあります。よくある話がペット用の砂をそのままトイレに流したことでトイレがつまるという話です。説明書きにはトイレに流せると書いてあるものもありますが、吸水力の高いタイプはトイレの水も吸ってしまうためにつまりのトラブルを生んでしまいます。
赤ちゃん用のおむつや生理用ナプキンをうっかり流してしまうこともトラブルに繋がります。こちらも使われている吸水ポリマーがどんどん水を吸ってしまい、途中で詰まってしまうのです。
ティッシュもつまりの原因です。通常使うのは水によく溶けるトイレットペーパーですが、ストックを切らしていたからといってティッシュを使うのは絶対に駄目です。ティッシュは水に溶けないのでトイレットペーパーの代わりにはなりません。

■トラブルを解消する方法

一番簡単な方法は市販のラバーカップを使う方法です。一般的には「すっぽん」と呼ばれることが多いお馴染みのアイテムです。力のない方でも手軽に使える優れものなので1本は用意しておきましょう。使用する前にトイレの床が水で汚れないように、古新聞を敷き詰めておくのがコツです。

■まとめ
うっかり詰まらせてしまう水のトラブルは誰にでも起こり得ます。もしも水に溶けないものを流してしまった場合、自力で直せる可能性が低いと判断したら専門業者にトラブル改善を依頼しましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ